Information

このイベントは終了しました。
多数のご参加ありがとうございました。

第66回日本木材学会大会 公開シンポジウム

国産材・地域材の利用促進のために今できること

新技術は日本の森林・木材産業を救えるか?

mokuzaigakkai_nagoya160328.jpg

日時平成28年3月28日(月) 14:30〜17:00(開場14:10)
主催一般社団法人日本木材学会、NPO法人 才の木
会場名古屋大学豊田講堂
愛知県名古屋市千種区不老町
地下鉄名城線名古屋大学駅下車、出口2よりすぐ

第1部 講演(14:30〜15:50)

林業の成長産業化と地方創生-国産材の需要拡大に向けて-
沖 修司(林野庁次長)

地方創成最前線-秋田県立大学木材高度加工研究所の取組み-
林 知行(秋田県立大学 木材高度加工研究所長)

地方創生へ貢献する新しいバイオリファイナリー産業の創出
山田竜彦(森林総合研究所 バイオマス化学研究領域木材化学研究室長)

第2部 パネルディスカッション(14:30〜15:50)

司会:福島和彦(名古屋大学教授、日本木材学会副会長、NPO法人才の木理事長)
   関 雅子(国立研究開発法人 産業技術総合研究所研究員)

チラシのダウンロード

問合せ先

NPO 法人才の木事務局: 〒113-0023 東京都文京区向丘 1-1-17 タカサキヤビル4階
TEL : 03-3813-1567
E-mail: info@sainoki.org
HP: http://www.sainoki.org

none